キャバクラにはキャバクラ特有のマナーがあるのです。
そのマナーをしっかりと知っておかないと自分や他のお客様だけでなく
お店やキャバ嬢にも大きな迷惑となる可能性が高くなるので、あらかじめ注意する必要があります。
そのため、しっかりと知っておくべきです。
ただキャバクラには、他のサービス業にはないサービスがいくつかあるため、
初心者の人にとってはどのようなマナーがあるのか戸惑いを感じてしまうものです。

たとえば、キャバクラには本指名(もしくは普通の指名)というものがあります。
これは、お店に入ってから特定のキャバ嬢を指定して同席してもらうもので、
別料金がかかることがほとんどです。
当然、本指名なしでキャバクラを楽しむこともできますが、
多めに料金を支払ってでも本指名をすることにはいくつかのメリットが生じます。
まず、指名し続けることで親しい関係を築くことができ、会話が弾むようになります。
そして、お客様の人間関係も把握することができ、
お客様の会社の人や取引先の人が同伴してきたときセッティングしてくれることが多いのです。
キャバクラを利用している人の多くはこの本指名のサービスを利用していることが多いです。
またお客様の懐具合を察知して伝票の管理をしてくることもあります。

当然、この本指名にもマナーがあります。
それはお店のなかで本指名するキャバ嬢は1人に限定することです。
というのも、本指名を受けたキャバ嬢はお店からポイントが入るからです。
そのポイントの増減によって、そのキャバ嬢の給与やお店での扱いも変わってきます。
それなのに、本指名を数人のキャバ嬢にしているとキャバ嬢に不信がられることもあり、
良いイメージを持たれなくなってしまいます。
それがそのままお店でのサービスの低下に繋がることは少ないですが、
「お客を取った」「取らない」といったキャバ嬢同士のトラブルに発展してしまって、
どちらか一方がお店を辞めることになることもあるようです。
キャバクラはサービス業であり、お客様は神様でもあります。
しかし、キャバ嬢も人間であり、傷つくこともあるでしょう。
お客様とキャバ嬢との親密な関係を築いていくためにも、
キャバ嬢が嫌がらないようなマナーを徹底することは大切です。
そのマナーの1つこそが本指名でキャバ嬢を一人に絞ることにあるわけです。

MENU