キャバクラの存在する場所は、人通りがある道に面した繁華街に存在する場合が多く、
ビルの一室を借りてそこで営業している形態がほとんどです。
中には、店舗の玄関前に看板を出しているケースも見られ、そこに一時間幾らといった料金を明示している場合もあります。
多くのキャバクラの料金体系については、一時間料金制でお客さんが入店してテーブルの席について、
キャバ嬢のキャストがついた時点で料金が発生します。
その料金の相場については、一時間あたり一人3,000円から10,000円程度が相場です。
実際は、客引きという営業専門の人が通りで男性に声をかけて、そこで交渉して料金が決まる場合が多いので、
タイミングによっては料金が大きく違ってくる場合もあります。

入店するとボトルを頼みますが、無料飲み放題用のボトルと別料金が発生するボトルがあるので、
そのどちらかを頼む事となります。
なお食べ物のオーダーについては別料金になっていて、
一時間単位の料金の他にそういったオーダーで頼んだ飲み物や食べ物の料金が加算されたりします。
そのため、料金が割高になってしまう可能性があり、注意は必要です。

そして、大事なことにはキャストを呼ぶための指名料金がかかるケースがあります。
馴染みのキャストを呼んだりすると指名料金として一時間当たり1,000円から3,000円ほどの料金が加算されることとなります。
そして一時間単位制でありますので、それ以降を越えると延長料金が発生します。
大抵は、一時間前にキャバクラのボーイが来て、同じ条件かもしくは少し割高での延長料金の提示を受けますが、
お客さんが了承すると交渉成立となります。
以降一時間単位でそれを繰り返して、加算されることとなります。

もし気に入った女の子が居たら、その女の子を勤務終了後に食事や飲みに誘うアフターがあったり、
勤務前には同伴したりすることも可能です。
その場合、店舗によってはアフター料や同伴料を取るケースがあります。
キャバクラは利用したことがない人にとっては、何だか料金が物凄くかかりそうな印象がありますが、
明朗会計な料金システムを導入している店舗が多いです。
いつでも何度も気軽に来てくれる常連客の心を掴めば、店も繁栄していく事となるからです。
確かに雑居ビルの一室を借りて営業していることもありますが、目立たない場所にあるからこそ、
評判が良ければ穴場のナイトスポットとしての魅力も増すことも確かです。
また性的サービスを売りにしないことで会社が接待でも利用したり出来るし、
その雰囲気が楽しかったりすることでキャバクラ好きの男性も多いです。

MENU